カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:ロハ( 165 )

SL冬の湿原号④

a0165694_20503923.jpg
a0165694_20505111.jpg
昭和15年に製造された車両。
80年近くも現役で運行されています。
a0165694_20581885.jpg
a0165694_20584570.jpg
客車の案内板は毎年刷新されます。

ロハ

by asuka-top | 2019-02-13 20:50 | ロハ

SL冬の湿原号③

SL冬の湿原号が標茶駅に到着した時の様子
a0165694_17462286.jpg
待ち構えていた鉄道ファンや乗客が機関車に群がっています。

ロハ

by asuka-top | 2019-02-13 17:44 | ロハ

SL冬の湿原号②

粉雪舞う寒空の下、一年ぶりにSL冬の湿原号に再会してきました。
a0165694_13483927.jpg
ロハ

by asuka-top | 2019-02-08 13:46 | ロハ

SL冬の湿原号①

SL冬の湿原号は今期も運行されているようです。
a0165694_08560553.jpg
JR釧路駅に置かれていたチラシ

この列車の運行がJR北海道の営業にとってどうなのか知りませんが、経営難の煽りで廃止されなければ良いと思います。

ロハ



by asuka-top | 2019-02-07 08:53 | ロハ

啄木を偲んで

今日、釧路では毎年1日限りで行われる静かなお祭りイベント「第16回啄木・雪あかりの町・くしろ」が開催されていました。

石川啄木は1908年(明治41)1月21日に釧路駅に降り立ちそれから新聞社勤めのため76日間を釧路で過ごしました。その来釧を記念したイベントです。
たまたまテレビの情報でこれを知り初めて行って来ました。
a0165694_21022182.jpg
a0165694_21025502.jpg
a0165694_21032759.jpg
a0165694_21034299.jpg
雪の中だとアイスキャンドルがとても美しく映えるのですが今年は雪が無くてちょっと残念です。

ロハ

by asuka-top | 2019-01-19 20:45 | ロハ

休暇の終わり

今日は休暇の最終日。
とは言っても移動日なので気持ちは既に日常に戻りつつあります。
a0165694_18171000.jpg
千歳空港は人が多いものの、混雑のピークは過ぎた感じ。
a0165694_18185830.jpg
帰省時は天候の影響やJR列車のシカとの衝突などがあり2時間以上遅れましたが、今日は天候も良くジェット機だった事もあってか定刻よりも10分早く釧路に到着しました。こんな事もあるんだ(驚)。

ロハ

by asuka-top | 2019-01-04 18:14 | ロハ

人気のベーカリー

人気のベーカリーDONGURI(どんぐり)
札幌市内に9店舗展開していますが、実家のすぐ近くにあるのでパンが大好きな私は帰省した時には必ず行きます。
a0165694_07314471.jpg
美味しいのは勿論ですが、種類も大変豊富です。
私が一番驚いたのはレジスターが5台並んでいて混雑時にはフル稼働している事です。

ロハ

by asuka-top | 2019-01-04 07:25 | ロハ
あけましておめでとうございます。

一年の計は元旦にありと言われますが、特に目標や計画を立てることもなくダラダラ、ゴロゴロと過ごしているうちにもう休暇が終わろうとしています。

昨年は地震によるブラックアウトで二日間の停電の中での生活を経験し平穏無事である事の幸福を改めて感じた年でした。

今年は天皇の退位と新天皇の即位に伴う元号の改正、参議院選挙、消費増税なども控えており、様々な社会の変化が予想されます。
どうか災いのない平穏な年でありますようにと願うばかりです。

ロハ



by asuka-top | 2019-01-03 13:43 | ロハ

仕事納め

12月30日(日)、本日で今年の仕事納めです。
どうにか無事に一年をしめくくることができそうです。
お世話になった皆様に心よりお礼申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えください。

ロハ



by asuka-top | 2018-12-30 04:38 | ロハ
12月19日、日本製紙クレインズの今シーズン限り
(2019年3月末)での廃部が発表され釧路に激震が走りました。
釧路といえばアイスホッケーのまちとして昔から北海道では苫小牧と一二を争ってきました。
昔、苫小牧に住んでいた当時、時々試合観戦をしたことのある私にとっては十条製紙という名の方が馴染みが深いのですが。

企業スポーツはその会社のブランドイメージを高めたり、宣伝効果という意味では非常に有効である反面、その運営には膨大な費用が必要とされるため景気に大きく左右されてしまいます。

これまで北海道で廃部になったものとしてはアイスホッケーでは岩倉組、雪印、野球では大昭和製紙、JR北海道などが思い出されます。

クレインズのオーナーはチームとして存続できるように、引き受けてくれるところを懸命に探すと言っているようですが今後の成り行きが心配です。

ロハ

by asuka-top | 2018-12-23 19:51 | ロハ